アフィリエイトの教材と本の関係を料理のレシピでたとえてみた

アフィリエイト教材は詐欺?

しばしばアフィリエイトの教材(情報商材)は詐欺だという意見が見受けられます。

確かに昔は「酷い教材」があったそうです。車の速度が低い駐車場などを狙って車に退かれて保険金を狙え!などという、とんでもない教材があったと聞いたことがあります。

ですが、現在はそのような極端な悪質な教材は駆逐されています。アフィリエイト教材を販売する側のチェックが入るようになりました。

それでも「○○という教材は詐欺だ!」と言った意見が消えることはありません。

このような意見がはびこる理由の一つとして、そのような意見に一定の需要があるからです。教材の購入を悩んでいる方が、評判を調べます。

要するに「○○(教材名)+詐欺」と検索されるからこそ、その層を狙って集めるアフィリエイターの存在があります。

教材を購入してきちんと実践したのにも関わらず、全く成果が出なかったという方の意見であれば、それは確かに参考になることもありますが、中には教材の中身も見ずに、あらゆる教材のケチをつけて、その方が売りたい教材を紹介するというパターンもあります。

では、現在発売されている全てのアフィリエイト教材が素晴らしいかというと、必ずしもそうではありません。

これは料理のレシピで考えるとわかりやすくなります。

料理のレシピ情報

現在では、あらゆる料理のレシピが簡単にインターネットで手に入ります。

アフィリエイトの情報も同様です。あらゆる情報が公開されています。

ですが、インターネットで公開されている全ての料理のレシピが素晴らしいとは限りません。これはイメージできると思います。

また料理のレシピ通りにつくったとしても、調理する側の技術によって出来は大きく違うものです。

細かいことを言えば、調理する器具や環境も違います。また調味料の質だって違います。東日本と西日本では醤油や味噌の味が、かなり違うものです。

さらにレシピの分量の「少々」や「ひと口大」という表現は、かなり曖昧な要素を含んでいます。

そしてレシピ通りに完璧に出来たとしても、そもそも味の好みは人それぞれなので、相性の問題も生まれるわけです。

参考になる料理のレシピは数多くありますが、絶対的な正解はありません。

これはアフィリエイトの情報でも同じです。絶対的な正解はありません。

アフィリエイト教材と情報の違い

インターネット上で公開されているアフィリエイトの情報は、ものすごく役に立つベテランアフィリエイターの情報から、たまたま上手くいっただけの素人アフィリエイターの情報まで溢れています。

必ずしも素人アフィリエイターの情報が悪いというわけではありませんが、中には「大丈夫?」と疑いたくなるほどの情報も見つかります。

アフィリエイトを初めて間もない方というのは、それらの情報の質を判断する基準を持ち合わせていません

何十年と様々な料理をつくってきた主婦は、素人が公開している料理のレシピのうさんくささや粗が見えるものですが、彼氏の為に初めてお弁当をつくろうとしている段階の方では、そのような判断はできません。

判断基準を持ち合わせていない段階の方は、体型的に構築されている料理本の一つを参考にした方が、余計な情報に振り回されずに済みます。

一つの料理本を何度も読んで実践した方であれば、料理に関する知識や技術の土台が構築され、他の料理本やインターネット上のレシピを参考にしやすくなります。

アフィリエイトの教材や本も同様です。様々な方が好き勝手に主張している情報が悪いわけではありませんが、しっかりとした土台がないと判断することが難しいわけです。

ミートソースを何度もつくって上手になった方は、他のパスタに挑戦しても応用できるものですが、初心者が色々な料理に挑戦しても、共通の知識やテクニックが少ないので、上達するのに時間がかかります。

アフィリエイトの教材や本というのは、パスタならパスタ、ラーメンならラーメンに特化したレシピ本のような構造なので、基礎的な知識やテクニックを体系的に学べるというメリットがあります。

アフィリエイト教材と本の違い

はっきりいってしまうと、アフィリエイトの教材とアフィリエイトの本で公開されている情報は、それほど違いません。

むしろ価格の安い本の方が、情報の量、質ともに素晴らしいことも珍しくありません。

新しく発売されたアフィリエイト教材の中には、独自の新しい手法が公開されていることがあるかもしれませんが、ある程度の土台が出来上がっているアフィリエイターからすると、ちょっとした応用であることがほとんどです。

これは料理本でも同じだと思います。高額な料理本だからといって秘伝の技術があるわけではありません。

もちろん細かい情報を親切丁寧に解説されていたり、写真入りや図解でわかりやすいなどはあるかも知れませんが、「そんな技術があるのか!」と驚くような情報は、ベテラン主婦や料理人にとっては、ほとんどありません。

ではアフィリエイト教材ではなく、アフィリエイトの本で勉強すればいいのかと言うと、そうとも限りません。

アフィリエイトの教材を購入する一番のメリットは、教材を販売するアフィリエイターのサポートを受けられる権利にあります。

よくあるのは三か月のメールサポートだったり、スカイプサポートだったりするのですが、中には一年間だったり、無期限サポートをうたっている方もいます。

これを料理でたとえると、完成した料理を料理本の著者に味見してもらうようなことです。

  • もう少し火を通した方がいいかな
  • この時期は新玉ねぎだから甘みを抑えて
  • この肉の部位を使うなら筋切りをしっかりと

など、適切なアドバイスがもらえるようなことです。本人は料理本の通りに作っているつもりでも、知らずに見逃してしいる情報があるものです。

アフィリエイトも教材通りに実践しているつもりでも、どこか見逃していたり、必要以上に力を入れすぎているポイントなどがあるものです。ここをサポートで軌道修正してもらえるのが一番のメリットです!

料理であれば自分で食べて美味しさを判断することもできますが、初めてアフィリエイトに挑戦した方は、料理でいうところの美味しさの基準がありません。

アフィリエイトの本の通りに実践しているつもりでも、肝心なところをミスしていることもあるわけです。本だとサポートは受けられません。

またアフィリエイトは成果が出るまで時間がかかることが多いので、アフィリエイトの本通りに正しく実践できていたとしても、成果が出始めるまでに不安がつきまとうものです。

ある程度経験のある方であれば、そういうものだと判断できるのですが、アフィリエイト初心者の方は不安でいっぱいになり、「なんだ嘘ばっかりじゃないか!」と手を止めてしまうことがあります。

中にはこの段階で「○○というアフィリエイト教材は詐欺だ!」と言ってしまうことがあるわけです。

もう少し記事を増やしてブログが強くなれば、いずれ売れるだろうというブログを構築できていても、作業が止まってしまうことも多いです。

ここがアフィリエイトの教材と本の一番の違いです。情報の中身よりもサポートを受けられるかどうかを見極めてください。

アフィリエイトは料理のように成功のイメージがしにくいので、経験者のサポートを受けることには大きなメリットがあります。

またインターネット上の情報だけを頼りにしている初心者にありがちなのが、つい余計なことをしてしまうケースです

記事更新よりもデザインばかりを気にしたり、SEOや表示速度などを気にするようになります(経験有り)。

成果が出なくて不安になり、グレーな手法(自演リンクなど)を取り入れてしまって、ダメにしてしまうことがあります。

グレーな手法で成果を上げているアフィリエイターもいるのですが、大抵は短期決戦の「数撃ちゃ当たる作戦」でブログを量産し、10のうち1がモノになればいいという手法でもあります。

技術も時間もお金にも余裕があるベテランアフィリエイターであれば、そのような戦い方でも成果を上げられるのかもしれませんが、初心者が四苦八苦しながら頑張って作ったブログが、グレーな手法に手を出して10のうちの9に当てはまってしまうことがあるものです。

そのような手法を紹介している教材であれば話は別ですが、土台が出来上がっていない初心者向けとは言えません。

まとめ

まとめると、アフィリエイトの教材はサポートが最も重要なポイントになります。教材の作成者のサポートだけではなく、販売者(教材を紹介しているアフィリエイター)からのサポートがあるかどうかを見極めてください。

もちろん独学で土台を構築できたという方は、必ずしもアフィリエイトの教材を購入する必要はありません。

ですが、アフィリエイト初心者さんこそ、成功しているブログのイメージができないものなので、実践者している方から答え合わせをしてもらえるのは大きなメリットだと思います。

ただし、すべてのアフィリエイト教材にサポートの権利が付いているわけではありません。教材を紹介しているアフィリエイターでも同様です。

特典という形で別の教材やツールを得られる権利をあげている方も多いのですが、はっきり言ってそれらの特典は過去の産物であることが多く、その教材とはあまり関係のない情報だったりもします。

ラーメンの本の付録に、あまり関係のないパエリアのレシピがあるようなことです。損ではありませんが、必ずしも役に立つとは言えません。

やはりそれの特典よりも、答え合わせをしてもらえる権利、メールサポートやスカイプサポートを受け付けてくれる方を、おすすめしておきます。

最後にアフィリエイトの教材ではなく、コンサル企画や塾という形態についても紹介しておきます。

これらを料理でたとえると、料理本やインターネット上に転がっているレシピではなく、料理教室のようなイメージです。

料理のつくり方を教えてもらうのはもちろん、つくりながらも細かなアドバイスをしてもらえます。

  • もう少し小さく切って
  • 沸騰させてはダメ
  • こうやって盛り付けると綺麗だよ

といった感じで細かくアドバイスしてもらえます。また料理教室の先生の完成された料理だけではなく、他の生徒がつくった料理を見たり、食べたりすることで、自分の料理との違いもイメージしやすくなるわけです。

また料理の先生に直接「味見」をしてもらえると、適切な味の微調整が出来るようになるわけです。

ブログも軌道修正をしながら構築していくことができますし、同じようなレベルの仲間が成果を上げることで、自分のブログの先行きもイメージしやすくなります。

料理だと美味しいという基準が誰にもありますが、アフィリエイトの初心者は成果が出ているブログを判断する基準がないので、料理教室のように直接学べる機会があると、一気に成長する可能性があります。

ただし、包丁も握ったことがないレベルの人が料理教室に参加しても、時間内に料理を完成させるまでに到達できない可能性もあります。

料理初心者向けの教室であれば別ですが、ある程度の複雑な料理(ハンバーグなど)を教えてくれる料理教室に通うのであれば、やはり料理の土台が出来上がっていた方が、すんなりと美味しいハンバーグのつくり方を学ぶことができます。

パソコンそのもののスキルがない方、タイピングが全く出来ない方が、コンサル企画や塾に参加することは、やはりおすすめできません。

自分なりにハンバーグを作っても上手くできない方が、料理教室でアドバイスをもらって上手になることはありますが、包丁の使い方やコンロの火の着け方から教えないといけないレベルの方は、料理教室の時間内にハンバーグをつくることは難しいですし、細かなアドバイスなどしようがありません。

アフィリエイトのコンサル企画や塾の参加を考えている方は、自分なりにブログを構築してアフィリエイトを実践したり、ネット銀行の口座を開設したり、ASPに登録したりして、ある程度の土台を積み上げておいてください。

有名料理人の高額な料理教室で、包丁の握り方から教わっていては、もったいないようなことです。

私自身もコンサル企画で成長をすることができたのですが、高額な価格にも関わらず、参加者の半分以上は途中でフェードアウトしていきました。

そうならない為にも、ある程度の土台を積み上げて覚悟を決めてから、参加することをおすすめします。

やはりアフィリエイトの初心者さんであれば、アフィリエイト関連の本をいくつか読み、自分に向いていそうな手法を見つけて実践するのが良いかと思います。

またその手法に近いアフィリエイト教材があれば、サポートを受ける為に購入するというのも良いかと思います。しっかりとサポートしてくれそうなアフィリエイターを見つけてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする