アフィリエイト関連の書籍を読もう!一つでも有益な情報があれば儲けもの

今回の記事はそれなりにアフィリエイトに取り組んだ実績のある中級者向けの情報になります。

ネット検索と書籍の違い

私は基本的にアフィリエイト関連の書籍が発売されると、中身を確認するまでもなく即買いしています。

全てのアフィリエイト関連の書籍に有益な情報があるとは限りませんが、一つでも有益な情報があればOKだと感じています。

書籍は情報商材や塾のように高価ではありませんし、プロの編集者が間に入っているのでわかりやすい構成になっています。

アフィリエイトやブログのことでわからないことがあれば、ネットで検索をすれば大抵の情報は見つかりますが、書籍のメリットというのは知らない知識(新しい知識)が入ってくることです。

もちろんネット検索でたどり着いたブログでも、お目当ての情報が載っている記事以外を読んでいけば、新しい情報にたどり着くことがありますが、その確率は書籍のほうが圧倒的に高いように感じます。

どうしても人は自分が持っている知識の中から判断をするものなので、自分が取り組んでいるアフィリエイトの手法に関する情報ばかりを、取得(クリック)してしまう傾向があります。

それが悪いことではないのですが、そればかりだと新しい知識や別の角度からの情報にたどり着くことが難しくなります。

アフィリエイトの仲間にしても同様で、同じ方向性のアフィリエイト手法に取り組んでいる方だけで固まっていることが多いものです。

これはラーメン屋さんの店主ばかりで集まるようなことです。ラーメンの有益な情報を交換することはできますが、流行っている喫茶店やファミレスの手法が手に入ることはありません。

ラーメン屋さんで「美味しいコーヒー」や「パスタ」を提供しろと言いたいのではなく、流行っている理由(立地や内装や外装やサービスや集客方法など)を知ることで、自分のラーメン屋さんにも応用できることが見つかるようなことです。

今までと全く同じ作り方のラーメンでも、「インスタ映え」する盛り付け方に変更するだけで、女性客が殺到するかも知れません。

書籍のメリット

書籍のメリットは何といっても安いことです。

情報商材や塾に比べるまでもなく圧倒的に安いです。情報商材や塾が悪いのではなく、新たな知識(刺激)を手に入れる目的であれば、書籍がベストだと感じます。

その書籍で気になる情報が見つかれば、そこで改めてその情報を詳しく提供している情報商材や塾に入るのも良いとは思いますが、よくわかっていない段階で高額な商品に飛びついてしまうと、「思っていたのと違う・・・」と後悔することになってしまいます。

またアフィリエイターならわかると思いますが、本当に有益な情報だけをブログに載せられるわけではありません。サイトを強くするために(SEO対策)、しょうもない情報を載せている事は珍しくありません。

ある程度の実績がある方であれば、そのようなしょうもない情報をスルーして有益な情報だけをピックアップすることもできますが、アフィリエイトを始めて間もない方だと、どれも大切な情報なのだと思ってしまいます。

実際に私も過去に経験していますが、やたらと表示速度を気にしたり、全ての画像にSEO対策をしたり、SNSを駆使しようと試みたり、色々やらなければならないと思ってしまいました。

新しいブログを立ち上げて一月も経っていないのにも関わらず、「全く上位表示されない、何が間違っているのだろう」と考えてしまい、本当に大切な記事更新以外のことに力を注いでしまいました。

表示速度やSEOやSNSを気にすることが間違いではないのですが、そちらにばかり気を取られてしまうと本質から遠ざかってしまいます。

一方で書籍であれば不必要な情報や重複している情報は予めカットされていますし、綺麗にまとめられています。

アフィリエイターではないブロガーの書籍が出版される場合も、面白い記事だけがピックアップされており、さらに出版時の情報に合わせて再編集されているので読みやすくなっているものです。

新しい発見がない書籍などない!

私はアフィリエイトに関する書籍だけではなく、転売(せどり)や電子書籍出版などの書籍もよく読みます。

直接私のアフィリエイトに役立つ情報があるとは限りませんが、「このジャンルでもメルマガやライン@やYouTubeを上手く活用しているのだなぁ」と感心することがあります。

Amazonkindleの読み放題で稼ぐ仕組みや、楽天koboで「0円」で出版されている方の収益システムを知った時は驚きでした。

どのような書籍でも「新しい発見がない」ということはありません。

私はアフィリエイトに関する書籍を読みこんでいるので、ほとんど知っている情報ではあるのですが、既に知っている知識でも表現の仕方が違うことで、より腑に落ちることもあります。

逆に「わかりにくい表現だなぁ、こういうことだろ」と思うことも多く、そのような「わかりにくい表現を使わないようにしよう」と学べるわけです。

とはいえ、「読む価値なし」と思うような書籍は滅多にありません。編集者が介在していないamazonkindleの安い本や読み放題の中には、本当にしょうもないものが稀にありますが、紙の書籍になっているものであれば、何かしらの発見があるものです。

私は古本屋で数年前に出版されたアフィリエイト書籍を購入することもあるのですが、その当時のSEOや流行していた無料ブログなどを知ることになり、一つの手法に固着するリスクを学べるものです。

今年に入ってからでも新刊、中古合わせて10冊以上は購入していますし、出版予定のアフィリエイト書籍も既に何冊か予約しています。

私のようにあらゆるアフィリエイト関連の書籍に手を出す必要はありませんが、一つの手法に固着しがちな中級アフィリエイターの方こそ、読んでみてほしいと思います。

また実際に著者のアフィリエイトブログが掲載されていることも多いです。書籍で紹介されている手法で実際に成果を上げているアフィリエイトブログを知ることができるもの、大きなメリットだと思います。

情報発信をしているアフィリエイターはたくさんいますが、実際に稼いでいるブログを公開している方は稀です。これは塾やコンサルの主催者でも同様です。解説用のサンプルとしてブログを公開している方はいますが、現役バリバリの稼いでいるブログは決して公開されません。

これは私も同じなので偉そうなことは言えないのですが、しばしばアフィリエイトの書籍では公開されているので、とても参考になると思います。

ちなみに私は電子書籍よりも紙の書籍の方が好きです。

その理由は目が疲れないからです。

どうしてもアフィリエイトに取り組んでいると目を酷使することになるので、なるべくなら目に優しい紙の書籍を選んでいます。

kindleや楽天koboの専用タブレットであれば目にも優しいそうなのですが、私は一般的なタブレットにkindleやkoboのアプリを入れて活用しているせいか、どうしても目が疲れてしまいます。

電子書籍でしか出版されない本もあるので、そのような場合は購入しますが、選べるのであれば紙の書籍を購入しています。

この辺は好みの問題なので自由に選択すればいいのですが、眼精疲労を感じているアフィリエイターは意識したほうが良いポイントかと思います。

まとめ

本は安いです(笑)。

これが一番のメリットではないでしょうか。

もちろんネット検索をして情報を探すのも良いのですが、有力アフィリエイターの古い記事が上位表示されていることも珍しくありません。

アフィリエイト業界は移り変わりが激しいので、古い情報だと役に立たないばかりか、リスクにすらなってしまうことがあります。

書籍も企画されてから出版されるまでに数ヶ月かかるので、最新の情報とは限らないのですが、適度に不要な情報がはじかれて綺麗にまとめられているので、わかりやすいと思います。

私がおすすめするアフィリエイトの書籍というのは、自分が取り組んでいる手法に近いものと、そうではないものを交互に読むことです

ざっくりと様々なアフィリエイト手法を紹介しているムック本(雑誌のような形態の本)は、アフィリエイトを始める前の方にはいいかも知れませんが、中級者にはあまりおすすめしません。

私はアラフォーのおじさんですが、同じような年代の方が書いているアフィリエイトの書籍よりも、キラキラ女子の書籍を読んだほうが新しい発見が多いと感じています。

全く知らなかったフリー素材の画像サイトが紹介されていたり、スマホで撮影した画像を編集するアプリが紹介されていたり、見栄えのいいプラグインやツールが紹介されていたり、とても勉強になります。

また「本に収まり切れなかった情報を読者だけに特別に公開します」といった感じで、一般公開されていないURLが付属していることもあります。

そこで本当にすごい情報を知ることが出来たことも実際にありました。

アフィリエイトに関する書籍は一般人には受け入れられるものではないので、印税で儲かるということはないと思います。だからこそ、特別公開のURLやメルマガに登録させることで、収益を上げる仕組みを垣間見ることができるわけです。

アフィリエイト初心者の内から色々手を出してしまうと、こんがらがってしまうので気をつけてほしいのですが、それなりにアフィリエイトに取り組んできた方であれば、自分が取り組んでいる手法以外からも学ぶことで、より自分の強みを活かすことが出来るのではないでしょうか。

「どこよりも美味しい味噌ラーメンを作るんだ!」と頑張ることが悪いことではありませんが、味噌ラーメンだけで頂点を極めるのは簡単ではないはずです。伝統のある有名なラーメン屋さん(有力アフィリエイター)と勝負しなければなりません。

決してラーメンの味をおろそかにしていいわけではありませんが、オシャレな内装にしてみたり、接客サービスを向上させたり、インスタ映えを狙ったり、ポイントカードや割引券でリピーターを増やしたりすることで戦えることもあると思います。

しっかりとブログの更新やコンテンツを充実させているアフィリエイト中級者の方こそ、積極的に新しい知識を取り入れてみてほしいと思います。

その為にベストなのが、新刊のアフィリエイト書籍だと思います。

数年前に発売された情報商材よりも、ずっと詳しく丁寧に解説されている書籍も珍しくありません。

逆に売れに売れている情報商材の手法が、数年前に出版されたある本の手法をそのままに、サポートを付けただけだなと気がつくこともありました。

もちろん情報商材でも頻繁にアップデートをしているモノもありますし、サポート権利が充実しているモノもあるので、単純な比較はできないのですが、それなりにアフィリエイトの知識を積み重ねてきた中級者の方であれば、個別サポートを受けなくても自分なりに新しい情報を活かしていくことが出来ると思います。

特定の情報商材の手法しか知らないという方こそ、アフィリエイトの書籍を読むことで得られる学びがありますよ。

【amazon】アフィリエイト

(アフィリエイトリンクではありません)

本のタイトルに「アフィリエイト」というキーワードが含まれていない本もあるので、関連する書籍などもチェックしてみてください。

「副業」「稼ぐ」「ブログ」「サイト」「ネット」「メルマガ」「LINE@」などで検索するのも良いかと思います。

 

もちろんアフィリエイト初心者の方はあまり気にしないでください。色々手を出してしまうとブレて本質がおろそかになってしまうので、現在取り組んでいる手法を何度も見直しながら経験を積み重ねてほしいと思います。