アフィリエイトに挫折した人はブロガーがおすすめ!

ブロガーとアフィリエイターの違い

ブロガーとアフィリエイターの違いを明確に定義することはできませんが、一般的にブロガーと呼ばれる方は収益を目的としない趣味的なブログを公開している方です。

一方でアフィリエイターは、あくまでも収益を上げることが目的です。何かしらの悩みや購買意欲をもっている方を集め、解決策として商品を紹介します。

アフィリエイトを志す方の多くは当然収益を目的とするのですが、今回はあえてブロガー的なアフィリエイトの手法について紹介します。

SNSが普及してきたからこそ、ブロガーの強みが活きてきたように感じているからです。

ブログとSNSの違い

1990年代後半のインターネットの普及に伴い、個人で気軽に情報を発信できるブログが人気になりました。

現在ではより簡単に情報を発信できるツイッターやフェイスブックなどのSNSに人気がうつり、個人がブログで情報を発信する人は減少傾向にあります。

基本的にSNSで公開されている情報は、そのSNSの利用者に限られます。

ツイッターで検索する人、フェイスブックで検索する人、インスタグラムで検索する人に表示される情報は、基本的にそれぞれのSNS内の情報に限られます。

一方でブログの情報はグーグルやヤフーなどの検索で表示されます。SNSの情報も検索結果に一部表示されますが、あくまでも一部といった感じです。

新規にブログを公開する人が減少しているからこそ、これからはブロガーの強みが活きてくると感じています。

若い世代はスマホが当たり前になり、パソコンを所有していない方も多いそうです。

スマホだけでアフィリエイトをすることも可能ですが、意外とブログアフィリエイトに新規参入する方は多くないと考えられます。

ブロガーの強み

ブロガーの強みは何といっても情報の質を高めやすいということです。

もちろん情報の質が低いブログもたくさんありますが、やり方次第で質を高めることが可能です。

このやり方次第には大きく分けて二つあります。

ブロガーの意識が低いSEO対策

一つ目はいわゆるアフィリエイターに必須なSEO上の知識やテクニックになります。

SEO対策がされているブログのテンプレート選びだったり、記事タイトルの着け方だったり、ライバル記事の分析だったりします。

これらの知識がない昔ながらのブロガーの多くは、適当なタイトルを付けてしまいます。

  • 今日も晴天に恵まれました。
  • なんでこんなことになったのだろう・・・
  • 先日の報告

のようなことです。アフィリエイターからすると「もったいない!」と感じるタイトルです。

このような記事タイトルの中身がどんなに素晴らしくても、現在のグーグルのアルゴリズムの基準では、なかなか上位表示されません。

だからこそSEOを意識しているアフィリエイターが検索上位を独占してしまうのですが、おそらくこれはグーグル側の本位ではありません。

SEOの基準は常に変化しています。

他のブログやサイトからの被リンク(紹介されるリンク)が重要視されている時代があったのですが、現在ではその重要性はかなり下がっています。

また記事内で重要だとアピールしたい文章を強調する(strongタグやh1タグなど)方法も有効だったのですが、それらの重要性も下がりました。

様々なSEO対策がありますが、有効だと言われてきた対策ほど、重要性を下げられる傾向にあります。

アフィリエイターの弱み、情報の薄さ

やり方次第のもう一つは質の高い記事を提供することです。ブロガーが自ら体験したことや、他にはないオリジナルの思想を提供することです。

アフィリエイターがリライトした同じような記事ばかりが上位表示されても意味がないので、オリジナリティーはSEO上でも武器になります。

この武器こそがブロガーの強みでもあり、アフィリエイターの弱点でもあります。

現在では、まだまだSEO上のテクニック(主に記事タイトルや文章量)が有効ではありますが、年々ブロガーの強みであるオリジナルコンテンツの方が評価される傾向にあります。

おそらく被リンクや強調タグのように、記事タイトルの重要性は今後低下すると思われます

検索エンジンの質もどんどん上がっているので、検索したユーザーが求めている情報が記事タイトルに含まれていなくても、記事の中でしっかりと提供できていれば、そちらを上位表示するようになると考えられます。

だからこそ昔ながらのオリジナルの情報を提供しているブロガーが、今後強くなると考えられます。

まとめ アフィリエイトに挫折した人の強み

現在では何もSEO対策を意識していないブロガーより、アフィリエイターの方がまだまだ強いですが、その差はどんどん埋まってきています。

逆に言えばオリジナルの情報を提供しているブロガーが、少しSEO対策を意識すれば、一気に伸びる可能性があります。

よくアフィリエイトでブログを作る際に、「自分の好きなテーマではなく、検索するユーザーが多いテーマを選びましょう」といったことが言われているのですが、そのようなテーマは当然ライバルが多く、似たようなコンテンツが溢れています。

上手くライバルがいないポイントを見つけられるといいですが、はっきりいって簡単ではありません。

また検索するユーザーが多いテーマが、必ずしも自分に興味のあるジャンルとは限りません。興味のないジャンルの記事の質を高めることは難しいものです。

すぐに結果(アフィリエイト報酬)が出ればいいのですが、大抵はそう上手くいかないので、モチベーションが下がって継続することが出来なくなってしまいます。

アフィリエイトに挫折された方の多くが、このパターンに当てはまります。

だからこそ、ブロガーよりのアフィリエイトをおすすめしたいと思います。

あるアフィリエイトに挑戦してSEOの知識を学んだ方であれば、ブロガーとして存分に活かすことが出来ます。既存のブロガーをごぼう抜きできる可能性があります。

自分の興味のあるジャンルであれば記事を書くのが苦になりません。自分の想いをぶつけることそのもに楽しみを見出すことが出来れば、アフィリエイトの報酬がなかなか上がらなくても満足するものです。

アフィリエイトを目的とした記事にコメントがつくことは滅多にありませんが、趣味ブログだと肯定的なコメントがついたり、SNSでシェアしてくれる人がいるものです。これは結構嬉しいものですよ。

またニッチなジャンルだと検索して訪れてくれるユーザーが少ないですが、それだけライバルも少ないということでもあります。

ライバルの多いジャンルで検索結果の10ページに表示されるより、ライバルの少ないジャンルで1ページに表示される方が、結果的に成果につながりやすいものです。

しかもライバルが少ないので、ずっと上位に表示していられます。一つの記事の寿命が圧倒的に長い傾向にあります。

私自身もトレンドアフィリエイトと呼ばれる検索数が多いキーワードを狙っていた時代があるのですが、たまに上手くいってもその時だけの結果で終わってしまいました。

一つの記事だけで数万円の収益を上げたとしても、次の月には0ということは珍しくありません。

それよりも毎月千円の収益を生み出してくれる記事を増やした方が、安定した結果につながります。

ある程度アフィリエイトに挑戦して挫折された方こそ、自分の好きなテーマ、ジャンルのブロガーに挑戦してみてはいかがでしょうか。挫折しながらも身に着けたSEO上のスキルを存分に活かせると思います。